2010年03月29日

大正時代

大正時代の角弥の絵をスキャンしたので、紹介します。

もちろん水上ではなく長岡のものです。

kadoya.JPG

この絵と同じような写真が長岡の歴史の本にも掲載されています。

大正3年のものらしいのですが、そんな時代に電話回線を2本も持っていたとは。

2階で食べている人や出前用の大八車。一度その時代を見てみたくなります。

角弥のマークもひらがなです。時代によっては漢字になったりカタカナになったり。

不思議です。

1764年頃創業したと書いてありますが、歴史を感じて更に角弥を発展させられるように頑張らなくては!と感じた一日でした。

おやすみなさい。

そば処角弥


posted by カズ at 23:18| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | そば処角弥のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。