2011年02月21日

チルドレン

先日の日曜日はチルドレンのスラロームのレースが宝台樹で行われた。

選手280人、コーチ、保護者も含め凄い混雑振りだった。関係者だけで1000人くらいいたんじゃないかな。

自分でも忘れかけていたけど、自分の小さい頃のレースの光景だったね。国体や全中よりもスタート地点は賑わっていた。

もちろんスタートエリアの狭さとか一日でレースを行うというのもあるけど。

自分はセッターをしたけど、慌しい一日でした。

ただコース状況も良く非常に公平なレースだった。


今日は群馬県の中学校新人戦。コースが難しく面白いレースだった。

斜面も変化に富んでいて、堅い雪だったので選手の力の差が出やすかったと思う。

教え子は皆、頑張っていたけど俺の感想ではまだまだ。

ポール練習でなく、対応能力を高める遊びのスキーが必要だと感じたよ。

お疲れさんでした!


posted by カズ at 17:03| 群馬 ☀| スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。