2005年01月26日

前十字靭帯7

cti2-thumb.jpg

競技復帰序盤につけたCTi2というスポーツ用の装具

今日は再建手術後4ヶ月くらいから競技への完全復帰までの日記です。4ヶ月たった頃には膝もだいぶ自由に動くようになっていました。少しずつ球技をゆっくり開始したり、ダッシュ、ステップ、ジャンプ系の練習も取り入れて行きました。それまでには地道な筋力アップ、持久力トレーニングをやってきたため神経系や敏捷性のトレーニングに時間を裂くことができました。これは入院していた頃から理学療法士の先生と相談してプランを作っておきました。また、術後4ヶ月からのトレーニングで最も効果的だったのがラダーのトレーニングでした。exclamation様々なトップアスリートも取り入れていますが、人との接触のない中で左右前後上下の俊敏な動きを回復できました。また一人で行うリフティングも良かったと思います。また、エアロバイクや体幹(腹筋、背筋、側筋)などのいトレーニングも継続してきました。そんな感じで術後7ヵ月後にスキーの上にたちました。痛みはありませんでしたが一日スキーをすると腱を移植した部分がすごく疲れたのを覚えています。もうやだ〜(悲しい顔)また写真で紹介してあるCTi2という装具を装着して滑りました。今考えるとそれほど必要なかったかもしれませんが安心感はありました。次回はスキーの中でどのように膝と滑りを回復したか書きたいと思います。スキーの技術的なことも含めて・・・・グッド(上向き矢印)



posted by カズ at 00:00| 群馬 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 左膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、こんにちわ。
私も先月1月4日にスキーで右足前十字靭帯を切ってしまい、今月末に手術します。
偶然ですが、同じ善衆会の木村先生に診て頂いています。
私の場合、現在もほとんど痛みはなく、PTに勧められた筋トレに励んでいます。
術前の現在は不安だらけですが、記事を読ませて頂いてちょっとモチベーションが上がってきました。
『地道』
自分に言い聞かせて行こうと思います。

全日本頑張ってください☆
Posted by ht7053 at 2006年02月08日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。