2005年03月18日

2005ワールドカップスキー

つい最近2005ワールドカップスキーが閉幕しましたスキー今年のワールドカップを見ていて僕が一番印象に残っていることはなんといっても皆川賢太郎さんの復活exclamation×2これにつきますわーい(嬉しい顔)賢太郎さんはケガの後苦しい戦いが続いていましたがポジションを改善して見事に復活しましたグッド(上向き矢印)昨年と比べスキーに対して余計な捻りも無く、高いポジションからスキーを抑えています。本当にいつ勝ってもおかしくないと思います。
BormioWM-MSL-Kentaro.jpg
皆川賢太郎さんの世界選手権での滑り

日本人選手に限らずやはり基本は重要だなと感じましたわーい(嬉しい顔)基本は僕たちのレベルにもワールドカップのレベルでも一緒だと思います。ワールドカップ選手はその基本を幅広いスピードや斜面、色々なリズムでも変わらず表現できるのだと僕は思っています手(チョキ)シーズンは終わってしまいますが僕も基本を大事に国体や技術選に向け頑張りたいと思いますわーい(嬉しい顔)


posted by カズ at 17:59| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

W杯スキー 男子回転 佐々木明トリノ代表内定 最終戦12位 総合14位決める。
Excerpt: 皆川賢太郎選手は魅せてくれました。この勢いで来季へ。
Weblog: 星瑞枝ファン
Tracked: 2005-03-23 16:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。