2006年11月12日

ワールドカップ開幕戦

さっきまでワールドカップの開幕戦のライブを観戦していた。

結果はベンジャミン・ライヒの圧勝!2位にマルクス・ラルソン、3位にジョルジオ・ロッカ。

日本人は皆川賢太郎さんが13位。佐々木明くんと湯浅くんは失敗に終わった。

感想としては今年のベンジャミンはさらに進化していて、安定感、速さ、柔らかさ、全てがすばらしかった。

特に股関節を大きく使った内径角にはびっくりしたよ・・・すごすぎる・・・

日本人選手の仕上がりはまずまずだと思った。レヴィのコースは緩斜面中心で日本人選手は苦戦しそうだなぁと思っていたが、賢太郎さんは失敗もありながらまずまずのタイム差だったし、ライヒ以外とは遜色ないレベルだったと思う。

ちょっと力んでいた気がするけどね。

とにかく世界最高の滑りを見て興奮しました。明日から群馬県の強化合宿にコーチとして行ってきますが、その前に見れて良かったよ。

みんながスムースにシーズンインできるように指導してきたいと思います。

でも俺スキーがないんだよなぁ。どうしよ。


posted by カズ at 22:08| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。