2005年07月07日

久々の動画編集 小回り反省編

今日は久々に動画のアップロードしてみましたわーい(嬉しい顔)

題材は昨年の急斜面小回りexclamation×2

俺にとって結構迷った種目の一つですもうやだ〜(悲しい顔)

理由はなんと言っても全体的に細かい傾向があったことバッド(下向き矢印)ひねりの強い滑りをする選手が多かったことexclamation

そんな中俺は軸を長く取り、ターン弧は大きめなスタイルの滑りをしましたスキー

軸を長く取り、ターン前半でスキー全体をずらす滑りにしては良かった感じはしますが、もっとクローズスタンスで滑ったり、捻りを強く出した滑りをしても良かったかな??といった印象です雪

下の動画は全日本の会場の国際ゲレンデと奥利根スキー場の急斜面を撮影したものです映画

国際ゲレンデ急斜面小回り

奥利根スキー場急斜面小回り

そこで今年の対策としては、少し方のラインを平行に保ちズレを大きく使って、細かいターンバージョンの小回りも用意するexclamation×2ことexclamation×2

そんなにうまくいかないと思いますが、できるだけやってみようと思いますグッド(上向き矢印)
こんなこと考えるスキーってしたこと無かったから、スキーの世界が広がりそうで楽しいのですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

でも俺の基本概念『タイムは嘘をつかないから速いものが一番』exclamation×2
もちろん基本練習でスキーの幅を広げることは、タイムアップにつながりますけどね手(チョキ)


posted by カズ at 22:22| 群馬 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | スキー動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
急斜面での小回り、本当にお見事ですね〜!!!

私なんかは、急斜面ではスピードについていけなくて、怖さがでてきますね・・・本当に、こんなふうに自在に操れたら、どんなにカッコいいかと思いますよね。

またまた何回も繰り返し見てしまいました(笑)

それから、kazuさんは、オガサカの板を愛用されているようですが、私も来シーズン、オガサカのユニティFBかEXを購入予定でいたのだけれど、友人からのアドバイスで、ユニティは、エッジがネオフレックスなので、耐久性が心配・・・。
というアドバイスをもらいました。
それで、またちょっとマテリアル選びに迷っているところです。

実際、ユニティはどうなのでしょうねぇ?
Posted by aoi at 2005年07月07日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

まとめ
Excerpt: 知ってますか?真相
Weblog: Blog
Tracked: 2005-07-09 12:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。