2005年01月26日

前十字靭帯7

cti2-thumb.jpg

競技復帰序盤につけたCTi2というスポーツ用の装具

今日は再建手術後4ヶ月くらいから競技への完全復帰までの日記です。4ヶ月たった頃には膝もだいぶ自由に動くようになっていました。少しずつ球技をゆっくり開始したり、ダッシュ、ステップ、ジャンプ系の練習も取り入れて行きました。それまでには地道な筋力アップ、持久力トレーニングをやってきたため神経系や敏捷性のトレーニングに時間を裂くことができました。これは入院していた頃から理学療法士の先生と相談してプランを作っておきました。また、術後4ヶ月からのトレーニングで最も効果的だったのがラダーのトレーニングでした。exclamation様々なトップアスリートも取り入れていますが、人との接触のない中で左右前後上下の俊敏な動きを回復できました。また一人で行うリフティングも良かったと思います。また、エアロバイクや体幹(腹筋、背筋、側筋)などのいトレーニングも継続してきました。そんな感じで術後7ヵ月後にスキーの上にたちました。痛みはありませんでしたが一日スキーをすると腱を移植した部分がすごく疲れたのを覚えています。もうやだ〜(悲しい顔)また写真で紹介してあるCTi2という装具を装着して滑りました。今考えるとそれほど必要なかったかもしれませんが安心感はありました。次回はスキーの中でどのように膝と滑りを回復したか書きたいと思います。スキーの技術的なことも含めて・・・・グッド(上向き矢印)

posted by カズ at 00:00| 群馬 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 左膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

前十字靭帯6

今日は前十字靭帯再建手術後、2ヶ月から4ヶ月のリハビリ内容、症状、回復具合などを書きたいと思います。リハビリメニューや自分の感想を選手時代つけていたトレーニング日記より引用してみました。病院

毎日やっていたこと 
AM エアロバイク30分×2SET(脈130〜140)
    膝の伸展屈曲
PM  エアロバイク30分×2SET(脈130〜140)
    チューブレッグカール15回×3SET
(屈曲する腱を採取して移植したため弱ってしまった部分)
    タオル引き5分
    バランスボード10分(片足で軽く乗る程度)
    空気椅子3分×3SET
    その他は上半身や体幹(腹筋、背筋など)のトレーニング

感想としては、やはりこの頃から急激に膝の機能や筋力が回復したのを覚えています。ただし、膝をひねる運動は一切しませんでした。リハビリの先生や医者の指示どうりです。焦ってトレーニングすることよりも、地道に体幹や持久力、柔軟性を高め、6ヶ月位したら膝をひねる運動やダッシュ、ジャンプ系のトレーニングをしました。やはり球技などをやりたくなっても、我慢したことが自分の回復がうまくいった要因だと思っています。手(チョキ)4ヶ月で正座ができるようになり、普通の生活は問題なくなりました。 るんるん
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 左膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

前十字靭帯5

sougu-thumb.jpg
僕が手術後から8週間していた装具

手術後3週間目から松葉杖も片方になり二分の一荷重という歩き方になりました。手(チョキ)僕の入院した病院以外では、装具をして普通に歩かせる病院もあるようです。またリハビリメニューも水中歩行やエアロバイク(固定の自転車)などがメニューに加わりなんとなくトレーニングらしくなりました。他の患者は10分程度しかエアロバイクに乗らないようでしたが、僕はリハビリの先生の協力もあって一日120分くらいはこいでいました。この頃から急速に膝の曲がりや筋力が回復して行きました。また、自分の体重を利用してのスクワットや空気椅子も4週目くらいから始まりました。スクワットをすると痛みがありましたが、アイシングをしながら気長にトレーニングしていました。色々なスポーツ選手と話をしたり、なぜ靭帯が切れたりするのか?など様々なことを病院では勉強しました。スキーの動きもそれまでは正直、運動能力任せのすべりだったなぁと反省し、正確なポジション、効率的な体の使い方を考えるようになりました。ケガはしないほうが良いに決まっていますが、すごく意義のある入院生活でした。exclamation×2次回は退院後から術後4ヶ月くらいまでを書いてみたいと思います。また怪我をして困っている人や悩んでいる人はどんどんコメントくださいね。前十字靭帯については両足手術していますから少しは力になれると思います。わーい(嬉しい顔)

posted by カズ at 00:00| 群馬 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 左膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

前十字靭帯4

今日の前十字靭帯のケガの体験談は手術から二週間のリハビリです。スポーツ手術後は何日かベッド上でリハビリ用の器械で曲げ伸ばしのリハビリを行いました。後は健康な足のトレーニングくらいです。松葉杖での生活でしたが、それほど不便さは感じませんでした。しかし痛みは2,3日は続きました。一週間後から本格的なリハビリスタートです。はじめは足の曲げ伸ばし、タオル引き、足を上げる練習、バランスボード、チューブの伸展屈曲などです。現役選手だった僕にはこれがリハビリなのかと思うほど、簡単なものばかりで、本当に復活できるのかという焦りがありました。しかし色々なリハビリの先生と話すうちに、焦って練習して再断裂した人の話などを聞かされ自分はゆっくりリハビリして、体の他の部分の強化に努めました。腹筋、背筋、上半身の筋力トレーニング、バランストレーニング、ストレッチなど地道なトレーニングをみっちりやりました。そうする事で自分は大丈夫と言い聞かせていました。そして順調に3週間目に突入していきました。手(チョキ)その頃から歩き始めたり、自転車、プールなどリハビリにも幅が出てきました。続きは次回!!ちなみ僕の入院した善衆会病院は安全派のようです。わーい(嬉しい顔)
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 左膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

前十字靭帯3

5年前の3月15日に前十字靭帯を損傷して、4月11日に手術をすることになりました。一ヶ月は膝の腫れをとるため曲げ伸ばしの運動をしてから手術をしました。手術当日は朝から何も飲めず午後1時ごろから手術することになりました。4時間程度で終わる手術らしのですが、自分の場合7時間から8時間かかりました。半月板や他の靭帯の損傷が多かったそうで、家族はまだ終わらないのか?と心配していたようだ。術後は痛みがとても激しかった。二度目の右足の再建術の時はまったくといっていいほど痛みは少なかったが、一度目のこのときは猛烈に痛かったもうやだ〜(悲しい顔)。一睡もできずに朝になった。本当にスキーできるのかよ、と思っていた。手術は成功したと聞かされ安心していたが、眠れることはなかった。ふらふら次回は術後1日目から退院までの日記を書きたいと思います。病院
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 左膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前十字靭帯2

sports2-thumb.jpg今日ははじめて前十字靭帯を断裂した時の話を書きたいと思います。初めて前十字靭帯をケガしたのは、5年前にnorn水上スキーというスキー場で練習している時でした。大学3年生だった自分はいつもどうり練習していました。そしてフリースキーをしていてウェーブで少しジャンプして着地した瞬間に左ひざに激痛が走りました。スピードは60KM以上は出ていたと思いますが、転んでもいないのに靭帯をケガしてしまいました。後ろに乗って、耐えたことでスキーのスピードや外力に膝が耐え切れなかったようです。すぐ病院に行ってMRIを取ったり検査をした結果が前十字靭帯損傷、外足靭帯損傷、半月板損傷という結果でした。そのときは膝がすごくはれていてスキーがまたできるのか?と思ったのを覚えています。手術名は前十字靭帯再建手術と言って約1ヶ月ごに行う事になりました。腫れがひかないと曲がりが悪くなるので腫れがひいてから手術するというのが一般的のようです。このときは群馬の善集会病院のスポーツ専門の整形外科で木村先生という有名な先生を訪ねました。雪
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 左膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

前十字靭帯1

最近スキーで膝を怪我する選手が増えてきた。最近といっても5,6年前から増加傾向にあった。理由としてカービングスキーと呼ばれるスキーの登場によって雪面に対するエッジグリップが高まったこと、滑走スピードが上がったことなどが挙げられる。自分も5年前に左ひざ、3年前に右ひざの前十字靭帯を断裂した。一度は転倒していないにもかかわらず、ケガをしてしまった。バスケット、サッカーなど他のスポーツでも前十字靭帯を断裂する人は多いが、病院にはスキーで怪我をした人が圧倒的に多かった。だだ、怪我をしても手術してもらう病院選びやリハビリをしっかりすれば、元どうり復活できるくらい最近の医学は発達している。次からは自分のケガをした体験談を書いていきたい。膝をケガしてしまった人の参考になるようにしたいので、コメントもお待ちしています。
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 左膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。