2010年11月14日

開幕

今日ワールドカップのスラロームが開幕しました。

ただいま一本目の最中です。

でもJスポーツを見られる場所にいないのでFISのLIVEでタイムだけ見てます。

FIS LIVE

中間タイムまで見れるんですよ。

フィンランドのレヴィは緩斜面が多いのでやっぱグランジェが今のところラップ。

ちなみにレヴィはスキー場にジャグジーまであるようです。何年か前の映像で見たことあります。

スキー場でジャグジー入ってビールの見ながらレース観戦する。うらやましい光景です。

もうすぐ日本人のスタート。期待してまっせ。

posted by カズ at 18:19| 群馬 ☁| ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

スキーの話題

つい先日湯浅選手のブログに彼の滑りがアップされていた。

彼が動画をアップすることは珍しいけど、凄く参考になる滑りで今年は緩斜面でも期待できそうだ。

もともと急斜面は世界トップレベルの選手なので、楽しみだ。

フランスのグランジェのような体重移動で、ターンを終わりにすると同時にクロスオーバーされている。

感覚も擬音語で書かれているけど、なんとなくわかります。

何年か前からグランジェの滑りを研究してきたが、湯浅選手もグランジェを意識しているとすぐに感じ取れた。

調子も良いという情報ですし、レヴィのレースも期待ができそうです。


久々にスキーの記事を書いてみました。


選手の皆さん是非、湯浅の動画を見ましょう!

posted by カズ at 22:10| 群馬 ☔| ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ワールドカップ開幕戦

さっきまでワールドカップの開幕戦のライブを観戦していた。

結果はベンジャミン・ライヒの圧勝!2位にマルクス・ラルソン、3位にジョルジオ・ロッカ。

日本人は皆川賢太郎さんが13位。佐々木明くんと湯浅くんは失敗に終わった。

感想としては今年のベンジャミンはさらに進化していて、安定感、速さ、柔らかさ、全てがすばらしかった。

特に股関節を大きく使った内径角にはびっくりしたよ・・・すごすぎる・・・

日本人選手の仕上がりはまずまずだと思った。レヴィのコースは緩斜面中心で日本人選手は苦戦しそうだなぁと思っていたが、賢太郎さんは失敗もありながらまずまずのタイム差だったし、ライヒ以外とは遜色ないレベルだったと思う。

ちょっと力んでいた気がするけどね。

とにかく世界最高の滑りを見て興奮しました。明日から群馬県の強化合宿にコーチとして行ってきますが、その前に見れて良かったよ。

みんながスムースにシーズンインできるように指導してきたいと思います。

でも俺スキーがないんだよなぁ。どうしよ。
posted by カズ at 22:08| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

明日こそは

今日のワールドカップは生放送を見ているわけではないのですが、興奮しました右斜め上

志賀高原焼額山に行っている靖彦からのライブ中継を聞きながら、レースを楽しんだのですが佐々木明が2位exclamation×2

賢太郎さんは惜しくも順位を落とし14位でしたバッド(下向き矢印)

それにしても明の勝負強さといったら半端じゃないがく〜(落胆した顔)0.17秒差の2位だったのですが本当にちょっとの差ですバッド(下向き矢印)

優勝は百戦錬磨のベンジャミン・ライヒひらめき明日も同じ会場でワールドカップがもう一度行われるわけですが是非日本人初優勝を期待していますぴかぴか(新しい)

賢太郎さんもきっと明日はやってくれるでしょうグッド(上向き矢印)
posted by カズ at 16:16| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドカップ志賀高原

今日、明日はワールドカップの志賀高原大会が行われていますグッド(上向き矢印)

明日はJスポーツで生放送、今日は夜フジテレビで放映されますわーい(嬉しい顔)

そしてさっき1本目が終了exclamation×2現地に行っている靖彦の情報だと、ラップがベンジャミン・ライヒ、2位ライナー・ショーンフェルダー、3位がテッド・リジェティー、4位カレ・パランダーそして、なんと5位に皆川賢太郎さん、6位に佐々木明exclamation×2

タイム差は賢太郎さんがコンマ4、明がコンマ5ひらめき

俺もFISのサイトで確認したが、2位まではコンマ2しかないexclamation

是非、日本人初優勝と初のダブル表彰台を狙ってほしいひらめきFISのサイトではオンラインでタイムが見れるので見てくださいexclamation×2

歴史的瞬間を見れるかも知れませんよわーい(嬉しい顔)ちなみにスタートは12:00です右斜め上

FISオンライン
posted by カズ at 11:47| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

オリンピック男子SL

昨夜オリンピックの男子SLのライブ中継があった。ぴかぴか(新しい)

結果は皆さんご存知の通り賢太郎さんが4位、湯浅が7位、佐々木明は片反、生田もゴールはしたものの失敗という結果ぴかぴか(新しい)

トリノオリンピックでは日本選手団が苦戦している中、本当にすばらしい結果だったわーい(嬉しい顔)

今日、賢太郎さんの滑りをもう一度見たときは本当に感動したひらめき大怪我から復帰してもう一度世界のトップに戻ってきて、しかもメダル争いふらふらすげーよどんっ(衝撃)

メダルには0.03届かなかったが、感動する滑りだった右斜め上

湯浅の玉砕覚悟のアタックもすさまじかったがく〜(落胆した顔)多分選手中、一番攻めていたんじゃないかなぁexclamation&question

あんな滑りは湯浅しかできんたらーっ(汗)

これでヨーロッパでは湯浅ファンが増えそうだ右斜め上

佐々木明は片反してしまったけど、気合の入った滑りだった右斜め下

とにかく熱いレースをありがとうexclamation×2

今シーズン中の日本人ワールドカップ初優勝期待して寝ます眠い(睡眠)
posted by カズ at 21:49| 群馬 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

すごい!!

昨日のワールドカップ第7戦わーい(嬉しい顔)俺は深夜2時から眠気と格闘しながら観戦していました眠い(睡眠)

ところが30分後眠気は吹っ飛びましたがく〜(落胆した顔)

一本目は皆川賢太郎さんが20番スタートからなんと4位exclamation×2佐々木明くんが18番スタートから5位exclamation×2

タイム差はコンマ4exclamation

ヤバイ二人とも表彰台いけるよがく〜(落胆した顔)勝つんじゃねーかexclamation×2

マジ眠気はゼロになりましたどんっ(衝撃)

多分、昨日ワールドカップを観戦していた人はみんなそう思ったはずぴかぴか(新しい)

そのほかの日本人は途中棄権でしたが生田選手も湯浅選手も二本目に残れるような滑りをしていました手(チョキ)

そして二本目の結果は佐々木明2位、皆川賢太郎6位でした右斜め上

二人ともフルアタックとまではいかない感じでしたがすばらしい滑りでしたexclamation×2

特に急斜面の完成度は日本人の二人が一番高いのではないかというほどでした右斜め上

オリンピックまで半月と迫ってきたところでこの日本人の活躍はすごいですねぴかぴか(新しい)

きっとオリンピックでは二人ともすごいアタックを見せてくれるはずですひらめき

間違いなく歴代最強の日本チームですので、いつ初優勝が達成されるのか楽しみですexclamation×2期待して応援しましょう手(パー)
posted by カズ at 18:12| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

キッツビューエル

今日はワールドカップSL第6戦がオーストリアのキッツビューエルで行われたスキー

先週はスイスのウェンゲンで皆川賢太郎さんが4位に入賞していたので今回も楽しみだったわーい(嬉しい顔)

結果から言ってしまうと皆川賢太郎さんが12位、佐々木明君が14位exclamation×2

上位入賞ではないにしても二人が15位以内に入っていることはオリンピックに向けて楽しみな結果になりましたひらめき

特に賢太郎さんは前回からタイミングが合ってきたように感じますグッド(上向き矢印)

是非トリノオリンピックで二人でメダルを取ってもらいたいものです右斜め上


スキーの話はこのくらいにして、俺は雪が心配ですがく〜(落胆した顔)

夕方から降り出したのにもう車が雪の塊になりつつありますもうやだ〜(悲しい顔)明日はどうなっているんだろう??

だれか助けて雪雪雪
posted by カズ at 22:37| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

クラニスカゴラSL

今日のワールドカップSLでとんでもないことが起きたがく〜(落胆した顔)

なんと湯浅直樹選手が、50番スタートから1本目27位どんっ(衝撃)2本目にはラップタイムをたたき出し合計7位入賞ひらめき


皆川賢太郎さんや佐々木明ではなく湯浅直樹ですわーい(嬉しい顔)

アルペンスキーをやっている人なら50番から7位に入る事がどれだけ困難かわかると思うが本当にすごいexclamation×2

皆川賢太郎さんは1本目コースアウトバッド(下向き矢印)しかし滑りはすばらしいグッド(上向き矢印)

いつでも表彰台に乗るチャンスはありそうだ手(チョキ)

佐々木選手は14位ひらめき若干コースの荒れに戸惑った感じだったふらふら

それにしても全日本チームも本当に強くなったと感じる一戦だったわーい(嬉しい顔)2本目に残れなかったが、生田康宏選手や岡田利修選手も中間までは2本目に残れるタイムだった右斜め上

オリンピックイヤーにメダルを狙える選手が日本にたくさんいるなんて、最高ですね目

まさに今の日本スキー界は歴代最強のチームだろう右斜め上

年明けのワールドカップも目が離せませんひらめき

日本人ばかりの話になってしまいましたが、優勝はイタリアのジョルジオ・ロッカぴかぴか(新しい)

2本目の中間まではオーストリアのライヒがダントツのラップだったのですがゴール前で片反ふらふら

とにかく二人ともポジションの安定感がすばらしかったひらめき

来年のウエンゲン、キッツビューエル、シュラドミングのクラシックレースが楽しみですわーい(嬉しい顔)

posted by カズ at 23:41| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

スキーの人気

今日はスキーの人気について書いてみたいわーい(嬉しい顔)

スキーというスポーツの愛好者はなんと約1000万人といわれているグッド(上向き矢印)

ニュースでも見たことがあるし、最近の資料や雑誌でも読んだことがある目

この数字はマリンスポーツや他のスポーツをはるかに凌ぐものですグッド(上向き矢印)またスノーボードの愛好者は400万人くらいいるといわれ、ウインタースポーツはとーってもビッグな市場なのです雪

ではなぜウインタースポーツのトップ選手が活動費などを捻出することに苦労するのか?
と思う人も多いと思いますが、やっぱりTVやマスコミまたスポーツメーカー以外の協賛が他のスポーツに比べて少ないことが大きな理由だと思いますふらふら

また他のスポーツに比べ環境作りや用具に多額の資金がかかるためスポーツメーカーの支援も物品提供や合宿の補助がやっとではないでしょうか?

それに加えて日本人スター選手の不足なども考えられますが、それはこれからの選手が解決してくれるでしょう右斜め上

TV放映をするにもカメラも何台も必要だし、何よりも過酷な条件でレースが行われることが多すぎるため簡単に放送もできないふらふら超急斜面で猛吹雪、気温はマイナス20℃なんてことも良くある競技で生放送なんて簡単にいかないでしょう雪

TV放送が無ければ大企業もスポンサー支援も少なくなるのは当然でしょうし、スキー競技の本質がなかなか伝わらないと思いますバッド(下向き矢印)

その点体育館やグランドでの競技はTV放映に優れていると思います目観客も入るしうらやましい限りですたらーっ(汗)

しかしヨーロッパではアルペンスキーが国技的な国も多くワールドカップなどは生放送が当たり前ひらめき観客も何万人も集まります映画

ヨーロッパと比べても仕方が無いのですが、だんだんとアルペン選手の所属できる企業が増えてきているので、これからもっともっとスキー界が活気付くことを期待しています手(パー)

もちろん選手の頑張りが一番大事なのですが、トリノオリンピックの結果は大企業を動かす大きな歯車になるでしょうパンチ

皆川賢太郎さんや佐々木明くんにぜひメダルを取ってもらいたいものですぴかぴか(新しい)

またスキーの技術選では2年連続で『シャープ』がスポンサードしてくれていますので、だんだんと変わってきた実感は感じていますexclamation×2


最近はスキー選手のブログも増えてきて、色々なところからスキー選手の活動が伝わってきます雪読んでいると今までのスキーヤと違う行動を起こす選手も多いようですので、色々な面での活躍を期待していますモバQ

ちょっと仕事などで家に缶詰でしたので、スキーの話を書いてみました手(パー)あくまでも俺の視点での意見ですよ〜わーい(嬉しい顔)
posted by カズ at 22:07| 群馬 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

マテリアルチェンジ

ワールドカップでも優勝経験があるライナー・ショーンフェルダーがブーツをレグザムにマテリアルチェンジしたスキー

このニュースにはびっくりしたがく〜(落胆した顔)

彼は今までノルディカを使っていた右斜め上現在のワールドカップシーンでもアトミックブーツとノルディカが一番使われていると思うexclamation

レグザムは日本のメーカーで男子のワールドカップでは無名に近いだろう右斜め下

よっぽどライナーはレグザムブーツを気に入ったのだろうるんるんもちろん契約金などの問題もあるだろうが、調子よくないと使わないだろうしたらーっ(汗)



ライナーの記事を見たらレグザムも一度履いて見たいなぁと思ってしまいましたふらふらきっとそう思った人は多いはず・・

ライナー効果がどこまですごいのか、今シーズンが楽しみです雪


俺はノルディカを履いたときにこんなにいいブーツがあるのかというくらい感動しましたひらめき

現在のマテリアルに満足していますが、いつかまた感動できるマテリアルにめぐり会いたいものですスキー
posted by カズ at 22:14| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

2005ワールドカップスキー

つい最近2005ワールドカップスキーが閉幕しましたスキー今年のワールドカップを見ていて僕が一番印象に残っていることはなんといっても皆川賢太郎さんの復活exclamation×2これにつきますわーい(嬉しい顔)賢太郎さんはケガの後苦しい戦いが続いていましたがポジションを改善して見事に復活しましたグッド(上向き矢印)昨年と比べスキーに対して余計な捻りも無く、高いポジションからスキーを抑えています。本当にいつ勝ってもおかしくないと思います。
BormioWM-MSL-Kentaro.jpg
皆川賢太郎さんの世界選手権での滑り

日本人選手に限らずやはり基本は重要だなと感じましたわーい(嬉しい顔)基本は僕たちのレベルにもワールドカップのレベルでも一緒だと思います。ワールドカップ選手はその基本を幅広いスピードや斜面、色々なリズムでも変わらず表現できるのだと僕は思っています手(チョキ)シーズンは終わってしまいますが僕も基本を大事に国体や技術選に向け頑張りたいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by カズ at 17:59| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

ワールドカップSL第7戦シュラドミング

昨夜ワールドカップSL第7戦シュラドミングのライブ放送がありました。ヨーロッパのナイターレースということで日本時間のAM2:00スタートでした。昨日は起きていられなかったので今日の朝早起きしてビデオで観戦しました。結果から言うと、マンフレッド・プランガー(AUT)逆転優勝。23日にキッツビューエル(AUT)で初優勝してにの2連勝。手(チョキ) 2位には0秒04遅れでベンジャミン・ライヒ(AUT)、3位にスウェーデンのアンドレ・ミーラーが入りました。1本目12位に付けていた皆川賢太郎さんは、14位、でした。調子は良いようです。佐々木明(ガーラ湯沢)は1本目15位に付けていたが2本目は失敗、23位でした。日本人は実力を発揮しきれていないようなもどかしいレースでしたが、2月には世界選手権もあるので、頑張ってもらいたいと思います。るんるん
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

ワールドカップSL第6戦キッツビューエル

KitzbuhelSeremony-thumb.jpgさっきまでワールドカップスキー男子スラロームの生中継をスカイスポーツで見ていました。目日本人選手は皆川賢太郎さんが一本目20位でしたが二本目に失敗してしまいました。僕の目から見る限り今の賢太郎さんは十分優勝や表彰台を狙える位の実力はあると思います。やはり焦りもあると思いますが、辛抱強く頑張ってもらいたいと思います。そして日本でもアルペンスキーがもっともっとメジャーになるように願っています。キッツビューエルの会場は本当にすごいの一言です。何万人も、観戦しているしユーロスポーツでは完全生中継、ヨーロッパではアルペンスキーの人気はすさまじいのです。国によっては国技のと呼ぶ国もいくつかあるほど。日本人選手の活躍によって少しでも日本で興味を持つ人が出てきて星です。次のレースは二日後にオーストリアのシュラドミングであります。佐々木選手や賢太郎さんの活躍が楽しみです。ちなみにスイスのウエンゲン、オーストリアのキッツビューエル、シュラドミングは昔からワールドカップが行われている場所で、クラシックレースと呼ばれ、コース脇の観客だけで5万人以上いるそうです。自分もスキー教室や技術選を盛り上げたりしてスキー界活性に力を入れていきたいです。手(グー)
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

ワールドカップスラローム第4戦

MinagawaBC05-SL-thumb.jpgたった今アルペンスキーワールドカップスラローム第4戦が終わっりました。優勝はイタリアのショルジオ・ロッカ。日本人は皆川賢太郎が21位。佐々木明、湯浅、岡田は途中棄権でした。やはり皆川賢太郎選手は調子が良く、ポジションがとても安定していました。スキー腰が高く長い軸を使って非常に正確なターンをしていました。2本目にオーバーランする失敗をしてしまいましたが、2本目前半は多分全選手中最速だったと思います。他の日本人選手も調子は良いようですので次回に期待したいです。ヨーロッパのようにアルペンスキーが国技にはならないまでも、日本でもスキー界が盛り上がるように全日本チームの活躍に期待しています。それと皆川選手も3年前に膝の前十字靭帯を断裂しています。ケガから復活した賢太郎さんはやっぱりすごいと思います。手(チョキ)
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。