2005年03月16日

右前十字靭帯5

右前十字靭帯の話も今日で最終回にしたいと思っています手(グー)
手術をしてろくにリハビリもせずにシーズンインしたわけですが、スキーという種目はすごいものですね。どんどん筋力が回復して行きました。単純なリハビリでは決して回復しないような細かい動きも日を追うごとにできるようになりました。わーい(嬉しい顔)
ひとついえることは、疲れたらしっかりとした休養と栄養をとって次の練習に励んだほうがいいと思います。筋肉痛や疲れが溜まっているとやはりどこかで不自然なすべりをしてしまうものですバッド(下向き矢印)そうすると膝にも負担がかかると思いますたらーっ(汗)
その点さえ注意すれば手術をして6〜8ヶ月での競技復帰はそれほど大変ではないと思います。膝の怪我で悩んでいる人はコメントでもいいので相談に乗れると思いますグッド(上向き矢印)
posted by カズ at 17:20| 群馬 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 右膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

右前十字靭帯4

top-thumb.jpg写真は群馬中央病院です。   
今日は右前十字靭帯再建手術の退院後からシーズンインまでの状況を書きたいと思います。このとき自分は現役を引退していましたので、まずは日常の仕事をリハビリにしました。僕の仕事は蕎麦屋ですが、ほぼ一日歩いて接客や調理をしています。そのため無理なく膝のリハビリを行えました。仕事の後はストレッチ、軽く上半身の補強、チューブを使ったレッグカールくらいを行うくらいでした。その後は術後4ヶ月で軽いジョギング、マウンテンバイクを開始しました。6ヶ月後からは地元のジュニアを相手に軽い球技を行ったり楽しく運動してシーズンインしました。現役を引退しているという甘さから、サボっていたというのが正直なところです。しかしそれでも8ヵ月後くらいにはスキーを開始しました。最初は筋肉痛になったり、膝の裏が疲れたりしましたが、ストレッチを毎日行い、ケアをしているうちに問題はなくなりました。ただ現役の時の左足よりも不安があったのは確かです。リハビリを十分やったという自信が安心を与えてくれるのだと思います。それにしてもスキーは筋力を使いますねぇ。スキーをしてからどんどん筋力は回復しました。
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 右膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

右膝前十字靭帯3

今日は久々ですが右膝前十字靭帯の再建手術から退院までのリハビリや生活について書きたいと思います。手術後一週間はベッド上で曲げ伸ばしの練習のみ。(CPMという器械を使って)これは善衆会病院と同じでした。しかし、術後一日で松葉杖の歩行がOKになりました。僕にとってラッキーでした。善集会では一週間は車椅子でしたが、車椅子は狭い売店でとても不自由でした。一週間してリハビリが始まりましたが特別なことはあまりありませんでした。

術後一週間から二週間 タオル引き、曲げ伸ばしの練習、座ってバランスボード、足上げなど

術後二週間から三週間 術後一週間から二週間のメニューに加えてチューブでレッグカール、カーフレイズ、エアロバイクなど

術後三週間から四週間 術後二週間から三週間のメニューに加えて空気椅子、水中歩行、階段歩行など

術後四週で退院しましたが、相変わらず上半身のトレーニングやストレッチはよくしていました。なんといっても暇でしたから。でも、手術した足だけはリハビリのメニューのみしかやりませんでした。無理すればはっきり言っていくらでもできます。しかし、無理をするのは入院中ではなく本当にトレーニングできるくらい靭帯が回復する頃の方が良いと僕は思っています。スポーツ選手ならばそれまでに他の部分のトレーニングや神経系のトレーニング、イメージトレーニングをすることがベストだと思います。次回は退院後からシーズンインまでの日記を書きたいと思います。
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 右膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

右前十字靭帯2

903-thumb.jpg
病室です。元気ですパンチ
今日は診察後から手術までの記事を書きたいと思います。診察後、約二週間で手術をすると言われましたが、手術前の血液検査で肝臓の数値が高いと言われ、手術を三週間後に延期しました。病院その後の再検査で正常になり3月8日に手術しました。血液検査の異常は風邪をひいてしまったようです。手術前日までは本当にどこが悪いのかわからないくらいなんでもしていました。走っていたし、重たい物も持っていました。しかし、膝が『ゆるい』という感じはあり時速80km以上のスピードで滑走する競技スキーは手術をしないと厳しいと思っていました。バッド(下向き矢印)
手術名は『前十字靭帯再建術』、約4時間程度の手術です。手術前日に入院して夕食後から絶食して朝は手術の準備で忙しくなります。手術は全身麻酔で行われました。麻酔から醒めると前回の手術と同じように右足が痺れて動きませんでした。前回の手術と違うのは痛みがほとんど無いということでした。これはうれしい誤算でした。るんるん本当に手術したのかと思うくらい痛みも無く夜はぐっすりでした。何で同じ手術でこんなに違うのだろう??
この手術は二回受けましたが痛みが強い手術なのか、痛みの少ない手術なのかは体験した僕でもどちらかわかりません。怪我の具合や手術時間に左右されるかもしれませんね。
次回は入院中のリハビリについて書きたいと思います。わーい(嬉しい顔)
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 右膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

右膝前十字靭帯1

以前に左膝の前十字靭帯を損傷した記事を8回にわたって書きましたが、競技スキーを引退後今度は、反対の右膝前十字靭帯を損傷してしまいました。引退後スキーのコーチとして大会に行ったときに『逆エッヂ』で膝を痛めました。痛みは無かったのですが、膝がすぐに脱臼しそうになるので、すぐに靭帯やっちまったと思いました。もうやだ〜(悲しい顔)その後病院に行き、MRIや触診を受けましたがやはり前十字靭帯を痛めていました。正直なところ余所見していました。その一瞬の油断で『前十字靭帯損傷→再建手術→リハビリ一年』コースになってしまいました。がく〜(落胆した顔)一度同じことをしてきたので、またスキーはできることはわかっていましたが、気が遠くなりました。何日かして、また善集会病院の木村先生を訪ねました。木村先生は金曜日だけは群馬中央病院に行っているので今回は群馬中央病院に入院することにしました。理由は近いからです。その後前回と同じように約二週間後手術をする予定を立てました。たらーっ(汗)しかし前回と違うのは痛みが無いということでした。痛みが無くても前十字靭帯が切れてしまうのか?と思いましたが、膝がゆるいことはわかりました。あせあせ(飛び散る汗)次回は手術前から手術までを書いてみたいです。
posted by カズ at 00:00| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 右膝前十字靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。